実店舗プロトタイプを開設しました

新型コロナウイルス感染症の影響により中小規模食品小売り業者の売り上げは大きなダメージを受けています。

また、消費者は、大手スーパーマーケット、コンビニエンスストアでのみのワンパターンな購入モードを強いられる日々にストレスを感じ始めています。

他方で、全国各地で営む優良な生産者においても、新型コロナウイルスによる地域内市場の閉塞感により機能不全に陥っております。

 

創業以来、当社は多様な販路サービスを模索・提供して来ましたが、この度、直営の拠点として複数の立地タイプ(観光地と住宅地)における実店舗プロトタイプを開設しました。(上の写真は鎌倉市長谷の実店舗)

いずれも、基本機能(食材の集荷、保管、梱包、出荷、販売)を持ち、オンラインのサービスと連携させることで、既存の販売チャネルの機能停止による売り上げの壊滅的な状況からV字回復する普遍的なモデルを得ることが期待されます。